メンテックの強み

1オンリーワンの技術力で国内マーケットシェア99%

オンリーワンの技術力で国内マーケットシェア99%

メンテックは、段ボール原紙における国内マーケットシェアが99%という圧倒的なシェアを誇ります。

メンテックは、お客様に装置・薬品をただ売るのではなく、お客様の問題を解決するソリューションをご提供しているところにあるといえます。
営業担当と開発担当が現場でお客様と一緒に考え、薬品の効果を見て、最終的にはお客様の生産性が上がるところまで一緒に進めていくというのがメンテックのスタンスです。 お客様との対話を大切にすることで、相手の視点に立って問題を解決することができます。それが高いシェア獲得につながっていると考えられます。

+MORE

2チャレンジングな風土

チャレンジングな風土

国内のみでなく海外にもメンテックの技術が使われています。

①でも記載したように、国内では多くのシェアを獲得している、さらに需要の見込まれる海外への進出をしています。
現在マレーシアやベトナム、フィリピンなどのアジアやオーストラリアに顧客を持ち、今後は欧州、北米への進出も目指しています。 また、IoTやAIの応用技術を用いてさらにお客様の役に立てるよう技術の進歩を進めています。

+MORE

3フリーアドレスの導入

フリーアドレスの導入

拠点間や年齢関係なくコミュニケーションが盛んで、風通しの良い職場です。

近年で増員をはかっているため、平均年齢が低く、職種や拠点間関係なく、社員同士のコミュニケーションが盛んです。 また、東京本社・富士事業所ともにフリーアドレスを導入しており、必要に応じていつでも打ち合わせが可能です。 最近では社内SNSを導入し、ちょっとした相談や報告も気軽にお伝えすることが出来、メール作成時間の削減とともにコミュニケーションのツールとして役立ってています。
また、WEB会議の使用によって、各拠点(中国・九州・関西・四国)とも顔を見ながら打ち合わせが出来るのも、社員同士の仲が良い理由の一つとなります。

+MORE

Maintech ENTRY 2019 みなさんのエントリーをお待ちしております!