働き方改革

社員ひとりひとりが
しっかりと
効率よく働ける環境が整っています。

Work Smart not hard,
Work to live to work.

1社内のコミュニケーションを活発に

社内のコミュニケーションを活発に

社内SNSやWEB会議システムの活用により現地とのコミュニケーションが取りやすくなり、常に各地と情報共有が出来るので、海外の現地法人との情報共有にも役立っています。 また、東京事務所と富士事業所でフリーアドレスを起用し、必要に応じて1つの課題に関係者全員で取り組める協働しやすい環境となっています。

2在宅勤務・時短勤務

在宅勤務・時短勤務

育児と介護を両立させたい場合や、疾病や障害により通勤が困難な場合にも働き続けることが可能です。 すでに時短勤務は取得実績があり、出産・結婚等ライフイベントを経ても働き続けやすい環境が整っています。

Maintech ENTRY 2019 みなさんのエントリーをお待ちしております!